役柄そのものエピソード

スポンサードリンク

2007年公開の映画

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

の舞台挨拶でのこと。

堀北真希ファンの男性客が、スタッフの制止を振り切りステージに乱入しようとしました。

堤真一は、吉岡秀隆と共に壇上から男を取り押さえ、スタッフに引き渡しました。

しかし制止する時、足を滑らせステージから落ちたのです。

幸い怪我はありませんでした。

会場内は一時騒然としましたが、その後監督と共に再開した舞台挨拶では、偶然この日から放映されたフジテレビ系ドラマ『SP(エスピー)』でSP(セキュリティポリス)役を演じたことを宣伝。

まんま役柄のハプニングを話題にし「今日から『SP』が始まります。」と笑いを取りました。

あっという間に、会場の異様な雰囲気を消し去ってみせたのはサスガです。


|戻る|