母乳ORミルク 初期症状から出産
母乳
PR現役医師が即回答
今すぐ医師に相談

妊娠初期症状から出産。母乳ORミルク 初期症状から出産

母乳ORミルク

母乳で育てることは、赤ちゃんの健康のためにはモチロン、経済的にもメリットが大きく実に自然な方法です。

妊娠中から母乳を出すための「母乳マッサージ」がしておくことも大切。

安定期に入ったら、乳房そのもののマッサージと乳頭・乳輪のマッサージが必要です。

助産師さんや産婦人科の先生、看護師さんに教わって、自分でやってみましょう。

自分でも知らないうちに乳腺炎などになっていると、後々おっぱいトラブルの原因になりますので、マッサージは必ず診察してもらってから行ってくださいね。

スムーズに母乳を出す準備になるとともに、授乳中のおっぱいトラブルの防止になります。

ただ母乳育児がいい♪とわかっていても、体質・健康状態によっては母乳育児がままならないことがあります。

その場合は、ミルクでの育児や混合育児に切り替えましょう。

【ミルクにするなら】

母乳が出ないなら、母乳育児にこだわるのはやめましょう。

むしろ赤ちゃんの健康と、赤ちゃんに笑顔を向けてあげられるようなゆとりある育児を心がけることです。

深夜にミルクを欲しがる赤ちゃんにも、安心なミルクをつくって上げられる環境を整えましょう。

ミルク、すぐ作れる♪大事な赤ちゃんのおなかをこわさないように!

産後のママの身体にも負担にならず、赤ちゃんにも優しいウオーターサーバーなら、わざわざ沸かす必要もないので便利です。

家族の飲料水や調理に使うのが一般的ですが、赤ちゃんのミルク用としても熱湯がすぐ出るウォーターサーバーが便利☆


↑↑水と熱湯、どちらも過ぎに出ます!

▼冷水、熱湯OK!家庭用ウォーターサーバー♪キャンペーン中
今ならなんと初回お申込に限り【36Lの水が特別価格1260円】で飲める!【おトクなうちにどうぞ!】1,260円で快適生活をスタートしよう!


1.便秘
2.胸が張る
3.つわり(悪阻)
4.シミができやすい
5.妊娠線
6.むくみやすい
7.産後太り
8.産後の抜け毛
9.母乳ORミルク


妊娠初期症状から出産。母乳とミルク、どちらがいい?母乳なら妊娠中からおっぱいトラブル防止マッサージをしておきましょう。


妊娠検査薬
結果は陰性でも

妊娠初期症状から出産
all right reserved