妊娠初期症状から出産
産後ダイエット
妊娠初期症状から出産について。産後太りの原因、対策は?産後ダイエットは必要?効果的な方法とは?

産後ダイエットは頑張らない

妊娠中は、お腹の中に赤ちゃんがいるため、どうしても動作が緩慢になり、動きも制限されます。
そのため筋肉が減少して基礎代謝量が落ちてしまいます。
赤ちゃんのためにも食事は規則的に摂りますから、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうのは当然のことです。


【解決法】
出産後、できるだけ早く”さらし”でお腹をグルグル巻きにします。
出産後には体脂肪がサラサラなので、燃焼しやすく、絞れば絞る分だけ水分(汗や尿)として排出します。
産後ダイエットに、痩せるスパッツやガードルが、効果的なのはこういう理由です。
高価な商品を購入しなくても、”さらし”で充分。
締め具合の調節もできますし、蒸れないのが何よりです。
「さらしを巻くのが面倒臭い」
方にはこちらをオススメ↓

産後太り

完全母乳で育てる方は授乳期間中は食べても太らないでしょう。
初めの一月は赤ちゃんの飲む量が少ないのですが、それ以降、断乳まではほとんどダイエットの必要がありません。

ただし母乳とミルクの混合のママは要注意!

適度な運動とバランスのよい食事で、体重を少しずつ戻していきましょう。

慣れない育児、……特に夜鳴きで大変。
産後ダイエットに気を遣っているヒマなんてないっ!!

そんなママにだけ、お医者様オススメの”産後ダイエット”を紹介します。

現役医師が即回答
今すぐ医師に相談

母乳育児を考えていないママにもオススメです。

1.便秘
1.便秘
2.胸が張る
3.つわり(悪阻)
4.シミができやすい
5.妊娠線
6.むくみやすい
7.産後太り
8.産後の抜け毛
9.母乳ORミルク

産後ダイエット


妊娠初期症状から出産について。むくみの原因、対策は?必要なものは?知っておくべきことは?


妊娠検査薬
結果は陰性でも


妊娠初期症状から出産
all right reserved