自己PRカード


カード゙といっても、単語カードを連想しないで下さい。

書く欄がたくさんある出願書類です。

中学校時代に、受検者が力を入れて取り組んだものをふまえ、進路の意識を明確にさせるのが、このカードを作成させる都の教育委員会の狙いです。

平成23年からは、将来の夢や目標、なりたい職業といった高等学校卒業後の進路について記入できる欄が追加されました。

受検者の意欲を、強く伝えることができるようにするために設けられた欄です。

点数化こそされませんが、合否を決める参考資料となっています。

総合成績が同じ場合の、順位決定の資料の一つです。

面接のある学校では、面接資料となります。

面接を実施しない高等学校では、合格決定後に自己PRカードを高等学校へ提出します。

多少のアドバイスは周囲から受けても、受検者が自分の言葉でしっかり書くことが大切ですね。

参考文献-平成23年東京都立高等学校入学者選抜実施要綱・同細目について-

|東京都の高校入試|


copyrignt
東京都の高校入試
制度の基礎知識