私立高校入試のパターン
推薦入試


@学校推薦

通知表の1・2・3・4.・5という内申点が合否を決めますが、この数値は各高校で設定されています。

基準となるのは3年生の2学期(1学期の学校もある)の成績です。

また、中学校3年時の遅刻・欠席日数が○日以下という規定のある場合が多く、生活指導上問題がないと判断されないと推薦されません。

なんといっても、学校推薦ですから。

合格したら必ずその学校に進学しなくてはいけません!

合格者は入学辞退・他校受験はできません。

A
自己推薦

内申点のほか、各高校ごとにさまざまな基準があります。

合否は受験してみないとわかりません。

POINT

志望校の説明会に出席して、正しい情報を手に入れましょう。

そこでしか聞けない話が必ずあります。

B併願推薦(名称は高校により異なります。そもそもこの制度のない高校もあります)

高校側が生徒確保の手段として、入試得点に下駄を履かせてくれたり、一定基準以上の内申を持つ生徒に合格を約束する制度です。

この推薦は合格しても辞退する自由があります。



|東京都の高校入試|


copyrignt
東京都の高校入試
制度の基礎知識