都立推薦入試発表
私立中間倍率


都立高校推薦入試の平均倍率は2.93倍でした。

募集人員10,614人に受験者31,135人、合格者10,612人です。


実質倍率が約3倍ですから、例年通り、一般入試より狭き門でした。

私立入試はこれからです。

推薦入試で思うような結果が得られなかった人は、気持ちを私立入試や都立一般入試に向けましょう。

気持ちを整理する方法は、

・使い込んだ問題集
・苦手分野をまとめたノート
・合格判定の出た模試

をじっくり見なおすなど、自信の湧き上がってくる何かをしっかりと自分の中で築き上げることです。

1月28日時点での私立高校の中間倍率は、2.06倍です。

この中間倍率の内訳は、学校別では

・男女校が2.47倍
・男子校2.22倍
・女子校0.94倍

また、 学科別では

・普通科が2.16倍
・専門学科が1.15倍

です。

気を引き締め、自信を持って、毎日を過ごすことが大切ですね。

今からは、最後の追い込みだからと、むきになって勉強をする必要はありません。

むしろ入試で実力を発揮できるように体調を整えましょう。

※「平成21年度都立高等学校の推薦に基づく選抜の入学者選抜状況」
「平成21年度都内私立高等学校一般入試入学応募者状況(中間)」参照



|東京都の高校入試|


copyrignt
東京都の高校入試
制度の基礎知識