7月ー漢検・英検について


『夏を制する者は受験を制す』
『夏は受験の天王山』

と言います。

夏の暑さ、引退前の部活の忙しさ、引退後の倦怠感、花火の誘惑などいろいろあるでしょうが、それぞれの”理由”に負けないで、自分のペースでしっかり勉強に取り組みましょう。

漢検・英検を奨励する理由は、級取得の学習が入試の学習内容に直結することです。

そして級を取得することで、受験への気持ちがより前向きになれることです。

優遇される高校が多いことも、もちろんです。

検定を取得して評価されるのは基本的に3級以上。

(上位校の場合、準2級もしくは2級以上)

何級を取得しようと優遇されない高校もあります。

しかし、検定のための勉強が受験勉強と重なる内容が多いので、夏の貴重な時間をかける価値は充分にあります。

・日本漢字能力検定

願書書店受付 
9月24日(水) 締切

願書協会必着日 
平成20年9月29日(月)

試験実施日
平成20年10月26日(日)


・日本英語検定

願書書店受付 
8月1日〜
9月22日(月)締切

願書協会必着日
7月31日(木)15:00〜 
9月25日(木)締切
(インターネット申込可能)

試験実施日
一次試験 本会場
10月19日(日)

二次試験
11月16日(日)

中3生は、上記、秋の検定までが内申に記載できます。

【中3になってから優遇制度を知った、または志望校に優遇制度があるので、とにかく頑張りたいという受験生へ】

※漢検は検定時間が重ならない4つの級を併願できます。
例えば
「準2級に挑戦したい、でも3級は確実に取得したい」
という場合、準2級と3級の両方の級を受験することが可能です。

※英検は、隣接した級であればダブル受験が可能です。

スポンサードリンク


|東京都の高校入試|


copyrignt
東京都の高校入試
制度の基礎知識