受験校を決める
志望校決定


受験校を決めるには、次の3ランクの高校をそれぞれ1校〜3校選びます。

もちろん、学園祭・説明会などに出向き、通いたいと思う高校であることが大前提です。

【1】実力相応校
現在の実力に見合った高校です。

【2】 合格確実校
ほぼ確実に合格できる高校です。

【3】挑戦校
実力よりワンランク上の高校です。
・今の学力では難しいけれども、入りたい学校

優先順位は基本的に【1】→【3】となります。

【3】の挑戦校は、ある方が望ましいですが、【1】【2】の志望校をしっかり決めておけば、なくても構いません。

それぞれのランクの高校が1校の場合は、【1】→【3】の順番で考えてください。

一つのランクに2校以上ある場合は、【1】→【3】を1校ずつ決定してから【1】に戻って考えます。

少しわかりにくいですね。

例えば

【1】A校・B校の2校
【2】C校の1校
【3】D校・E校の2校

と志望校がある場合は、最初に【1】からA校かB校のどちらかを選びます。その際、C校と受験日が重ならないよう考慮します。

【2】のC校は決定ですね。

【3】はD校・E校のどちらかを選んでから、再び【1】の選ばなかった高校を検討するという順番で考えます。
・D校・E校とも【1】【2】の高校と受験日が重なってしまえば、受験は不可能です。

私立の推薦入試日は1月22日に集中します。

また、私立の一般入試日は2月10日に集中します。

試験日が重ならないように、受験校を絞りましょう。

連続受験は3日以内にするのが望ましい日程です。

受験する学校は、全て通う可能性のある学校です。

通学時間・校風なども今一度確認して、3年間無理なく通える学校を選ぶことが大切です。

スポンサードリンク


|東京都の高校入試|


copyrignt
東京都の高校入試
制度の基礎知識