アロマな語り
おくりびと
PPPPPPPP

主演:本木雅弘
   広末涼子
『おくりびと』

ふとしたことから納棺師になった大悟が、本当の意味で納棺師としての仕事に誇りを持ち、人間としても大きく成長していく悲喜こもごもを描いています。

こんなにも笑えて、涙も止まらない映画は、久し振り……というか、初めてかもしれません。

主人公の大悟演じるモックンは、実生活で立会出産に2度向き合っているのです。

それをもとに

「納棺の儀式は逆さ産湯」

と表現しています。
誰もが等しく迎える

『死』

それは特別なことでなく自然なこと、そんな死生観が
映画のメッセージとして伝わって、心に
ズン!
と響きます。

大事な人と、

・どういう生き方をして
・どういう死に方をしたいか

といった、日常では考える機会のないことと、じっくり向き合ってみるのに相応しい映画です。


訂窒ィすすめアロマ訂

お線香を連想させる白檀の香りは実に心が落ち着きます

サンダルーウッド


スポンサードリンク


戻る


情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1