アロマな語り
ネガティブを愛する生き方
PPPPPPPP


リビングのテーブルに置いてありました。

家人の誰かが読んでいた本でした。こういったタイトルの本は自分では手に取りません。

まず誰が読んでいるのか気になりました。

誰が読んでいるのか?

わかったところで、

「どうして読んでいるの?」

と尋ねると、

家人「人生に行き詰った感があったから……」


私「え?今そうなの?」


家人「いや、1年以上前だけど」

リア充の人が惹かれるタイトルでは決してないもん。

家人「(私が)読んでみても面白いと思うよ、自分じゃ絶対選ばない本でしょ?」

確かに、と思って手に取りました。

著者は霊的指導者を自認する伊藤美海氏。

著者の裏表紙の顔写真は、オシャレでイマドキ女子の感じが漂うけれど、文章は命令口調で自信に満ち溢れているのです。

サブタイトルが

「光と闇の法則」

です。

ネガティブを素直に受け入れない限り、ポジティブにはなれないよという内容。

・カルマ
・陰陽
・霊的成長

等の単語が随所にちりばめられており、精神世界に興味のなかった私には、なかなか引きこまれる考え方でした。

説得力があるので、心弱っている時、何かにすがって見方を変えるには良い本です☆

訂窒ィすすめアロマ訂

ペパーミント

人を思いやる大切さに改めて気づかされるとともに、自分を見つめなおす時間をもたらしてくれます。


スポンサードリンク


戻る


情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1