アロマな語り
           

告白

蓼蓼蓼蓼蓼蓼蓼

松たか子扮する学校教師

「私の子どもは、このクラスの生徒に殺されたのです。」

という内容の語りかけから始まる映画のコマーシャル。

衝撃的な言葉と、最後の上滑りするかのような

「どかーーーんっ。」

が気になって、本屋大賞を受賞しているこの作品を読みました。

なんと全300ページある文庫本の29ページ目でこの告白。

雰囲気的に最後のシーンかと私が思いこんでいた告白は、実は導入だったのです。

……となれば、想像はつきますね。

はい。

これは愛する娘を殺された母親の復讐劇なのです。

ですから、その手のお話が嫌いな方は読まないでください。

登場人物の生い立ち、育まれていく価値観が、計算しつくして描かれています。

ぐいぐい引き込まれる語り口で小説は進行します。

時間のない方も、この小説は手に取らないほうが無難です。

訂窒ィすすめアロマ訂
ペパーミント

コチラから購入できます

ますます背筋が寒くなります。

松たか子主演で、映画(R15指定)公開中。

スポンサードリンク



戻る
情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1