アロマな語り
秘密
PPPPPPPP


妻と娘がバス事故で転落。
娘だけが助かるけれど、実はその精神は妻のもの。
父娘だけど、実際は夫婦という奇妙な関係はどのように展開するのでしょう。


妻のココロを持った娘役に広末涼子。

まだ結婚前の広末涼子は、高校生役がピッタリです。

にもかかわらず、妻としての雰囲気もしっかり醸し出しています。

あまり話題にならなかった映画ですが、娘の体に宿ってしまった母親の心情を、見事に演じています。

結末は小説と違っています。
二人の間では全てが明らかになり、娘が結婚してしまうのです。

こんな
「秘密」
ありえません。

でも、心のどこかで登場人物の中で一番近い人物に自分を置き換え、

「自分だったらどうする?」

そんな妄想をさせられてしまいそうです☆

訂窒ィすすめアロマ訂

カモミール・ローマン

人を思いやる大切さに改めて気づかされるとともに、自分を見つめなおす時間をもたらしてくれます。


スポンサードリンク


戻る


情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1