アロマな語り
            手紙

作者/東野圭吾

蓼蓼蓼蓼蓼蓼蓼


犯罪加害者の家族がこの世のどんな差別に出会うのでしょうか。

獄中から出される手紙のせいで、人生の階段を一段ずつ、時には何段も落とされていく主人公直樹。もう、これ以上はあり得ないだろうという苦しみの後にも苦難は降りかかります。
諦めずに前向きにがんばり続ける強い心にエールを送らずにはいられません。

自分のために犯罪を犯した兄を捨てる???

全身の血液が逆流する衝撃的なラストでした。


訂窒ィすすめアロマ訂

ペパーミント

を読書のお伴に。
気持ちを引き締めると同時に副交感神経にも働きかけ、リラックスさせてくれます。

スポンサードリンク


戻る

情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1