アロマな語り
           

悪人

蓼蓼蓼蓼蓼蓼蓼

「あの人は悪人なんですよね。」

そう呟くように言い放つ深津絵里の予告が印象的で、観てみました。

出会い系で出会ったにもかかわらず、本気で男を愛してしまう女。

しかし出あった時には、既に殺人を犯してしまっている男。

殺人は犯したくて犯したわけではない。

実は救おうとしていたのに、殺すことになってしまうという背景があります。

でも、殺人は殺人…。

指名手配されているこの男と、女の逃避行が切なく描かれています。

孤独って?

悪人って?

人は誰でも、ちょっとしたきっかけで悪人になるのでは?

そんなことを考えさせられました。

殺人者を演じる妻夫木聡。こんな深い表情ができるとは驚き!

深津絵里は

「さもありなん」

という感じ。

世界中を敵に回しても、一人の男を愛する一途な女を完璧に演じきっています。

訂窒ィすすめアロマ訂
パチュリー

ココから購入できます♪
逃避行をリアルに感じるにはパチュリーがオススメ。

スポンサードリンク



戻る
情報ポータル

アロマな語り

(c)trend1